高松にこんな自動車屋があるんだ!と香川中に発信して欲しいんです
ナビゲーター HID化
〈車種〉リンカーン ナビゲーター() 走行8万km
〈作業〉ヘッドライトHID化・フォグLED化

ヘッドライトとフォグを白くしたい!!
ってことで、持込ですが。

ナビゲーター HID交換前

まずはヘッドライト。案外分解は簡単。
鉄の板を2枚引き抜くと外れるという・・・
さすがアメ車、この雑な感じ。

ナビゲーター HID分解
ナビゲーター HID組み付け

なんか作りがちゃちい感じなんですが、社外品なのかも。

ナビゲーター フォグ led交換前

お次はフォグランプ。

ナビゲーター フォグ純正球

見たことのない電球がついています。
こんなの、球切れになったらどうするんでしょ。

ナビゲーター フォグ led交換

ちなみにこの球に合うLED球がなく、カプラの合う電球を加工取付。

通販とかだと、レンズごと交換するパーツしか売っていないし高かったため、
この方法がお値段的にベターだと思います。

ナビゲーター 交換後

完成後。
いい感じの明るさです。
スポンサーサイト
ゴルフV バッテリー交換(1KBLP)
〈車種〉H20 フォルクスワーゲン ゴルフV(1KBLP) 走行9.2万km
〈作業〉バッテリー交換

買い物に行って、さぁ帰ろうとエンジンをかけたらかからなくなったゴルフⅤ。
とりあえずバッテリーが悪かったため交換。
交換したバッテリーの電圧を図ると

ゴルフ バッテリー数値

9Vちょっとしかない・・・
バッテリーの突然死。
きっとバッテリー内部の問題でしょう。
ちなみに2年半くらいの使用で、春の検査では問題なしのバッテリー。
さっきまで問題なかったバッテリーなのにこんなことがあるもんだなと
ひょっとしたらオルタネーターの暴走で過充電になっていたのかと思いましたが、そんな感じもなし。

こんなことも、あるもんですね。
プリウス エアバッグランプ・トラクションランプ点灯(ZVW30)
〈車種〉H? トヨタ プリウス(ZVW30) 走行11万km
〈作業〉スパイラルケーブル交換

メーターがにぎやかになって入庫したプリウス。
エアバッグやらトラクションランプやらが点灯して、ホーンが鳴らないとのこと。

プリウス スパイラルケーブル ZVW30 部品

症状的にこいつ。スパイラルケーブル。
たまたま?中古があったため、安くできました。
ただ、エアバッグ関係は中古部品が流通しにくいようです。

プリウス スパイラルケーブル ZVW30 ばらし

ハイブリッドのハンドルは初めてのばらしですが、何も変わらないですね。

プリウス スパイラルケーブル ZVW30 組付

プリウス スパイラルケーブル ZVW30 ハンドル組付け

あとはハンドルを組んで終了。
この部品でハンドルの舵角もチェックしているみたいで、壊れるとトラクションランプも点灯するんですね~
AZワゴン エアコン修理(MD22S)
〈車種〉H14 マツダ AZワゴン(MD22S) 走行6万km
〈作業〉エアコン修理

エアコンをつけるとすごい音がするとのことで入庫した、AZワゴン。
スズキワゴンRのOEM。

エアコンをつけるとンガガガッと確かにすごい音。
ゲージをつなぐと

AZワゴン エアコン修理MD22 ゲージ

低圧と高圧が一緒の値。
マグネットクラッチを手で回そうとしても回らない・・・
完璧にコンプレッサーの焼き付きです。

こうなると結構めんどくさい。
コンプレッサーが壊れると金属屑がサイクル内に回っている可能性が高いんです。

AZワゴン エアコン修理MD22 コンプ中古

予算の関係で、コンプレッサーは中古品をチョイス。

AZワゴン エアコン修理MD22 リキタン

ただこれは新品に交換しておいた方がいいかなと。ゴミと水分をとるやつ
先ほども書きましたが、金属屑が出ている可能性が大ですので。

まぁできる限り掃除して、あーしてこうして、とりあえず直りました、エアコン。

AZワゴン エアコン修理MD22 分解
AZワゴン エアコン修理MD22 コンプ内部

せっかくなので分解。
基本コンプレッサーってリビルト交換ですので、コア(使用済みコンプレッサー)を返却することになるので、なかなかばらせるコンプレッサーがないんですよね。
ばらしてみると、オイルが1滴もでず。
中身は傷だらけでした。

ちなみにこのコンプレッサー、デ○ソー製で、こいつの出来が悪い。
というか、スズキ車と相性が悪いというか。
結構壊れやすいので、先ほどの中古コンプレッサーも別メーカーを指定しました。
ミニキャブ オーバーヒート修理
〈車種〉H12 三菱 ミニキャブ(U61T) 走行12万km
〈作業〉ファンモーター交換

自動車屋さんからの依頼修理。
オーバーヒートを繰り返すので、どうしたものかとのこと。
修理→試乗しても問題ないため納車し、オーバーヒートを繰り返したとのこと
現車確認をしてみると走りも問題なく、水温計も安定している。
いったいどうしたものかと思ったのですが・・・

いろいろ確認してみると、ファンモーターの回転が微妙に弱い。
扇風機の「弱」位の回転しかない。
これはこういう制御なのか??もっと高温になったら回転が強くなるのか??
同じ車で比較出来たらよかったのですが、なかったためどうしようかと。

一度エンジンを切り、再始動させ、アイドリングで放っておくと水温計がガンガングングンズイズイ上昇。
この間、ファンモーターは回転せず。指でファンをそっと回すと弱々しく回りだす。
これで確証が持てたため、部品注文。

ミニキャブ ファンモーター 交換前U61T

ファンモーターはここにあります。
バンパーを外したその奥。

ミニキャブ ファンモーター ばらしU61T

エアコンのコンデンサーが邪魔ですが頑張ればエアコンをばらさずに交換可能。

ミニキャブ ファンモーター モーター交換前 U61T

A型的にはこういう羽根は気持ち悪いんですが、メリットのある不等間隔なんでしょうね。

ミニキャブ ファンモーター 水温計 U61T

交換後のファンは暴力的なほどの音を立てて回りだしましたwファンが弱ってたんですね。
ちなみにこの車、仕事で使用している車で、使用前に車内を冷やす必要のある車だったんです。
オーバーヒートはその時の現象。
走行してしまえば走行風でファンが回り、一度ファンが回れば「オーバーヒートしない程度」にファンが回るため納車前の試乗では現象をつかめなかったんですね。