高松にこんな自動車屋があるんだ!と香川中に発信して欲しいんです
VOXY フリップダウンモニター交換
〈車種〉H14 トヨタ VOXY(AZR60)走行16万km
〈作業〉フリップダウンモニター交換

純正のちっさいちっさいフリップダウンモニターを交換の依頼

純正VOXY

この大きさじゃ、ない方がましですよ、トヨタさん
ってことで、とりあえず取り外し

外しますVOXY

純正の取付ステーの残る天井
私個人のこだわりとしては、こういうのを取付けるとき
いかに加工せずに取り付けるか
が腕の見せ所だと思っています。
ま、加工しないとつかない場合はしょうがないんですが、純正を利用できれば、もとに戻すこともできますし
リセールバリューを考えても車のことを考えても、できるだけ加工しないというのがモットーとしてあります。

RCA純正配線VOXY

とりあえず配線作り
ナビからRCAケーブルを引かないといけないかと思いましたが
天井の配線のみ加工すればよさそうな気配

配線加工VOXY

RCAケーブルを加工して配線作り
ちなみにRCAケーブルは赤白黄色あってどれも同じに見えますが、
基本的に黄色(映像)の線は情報量が多いため、他の色よりちょっと太めです(100均のやつは知りませんがw)
ですので、「どれでも同じ♪」なんて思わずに、指定された色で配線しましょう

余ったカプラ

余ったカプラは振動対策のためにスポンジを巻いておきます。

アルミチャンネルVOXY

取付の際、純正のステーはボルトが天井よりも飛び出しているため
そのままだと新しいモニターに干渉してしまいます
ですのでこんな感じの、15mmのアルミチャンネルを加工します。

ゲタVOXY

左右に「ゲタ」をはかせました。
これで純正のステーをそのまま利用してモニターが取付できます。

プレート取付VOXY

プレートの取付
プレートに重みがかかる部分は基本写真奥側のみです
外れないようにしっかりと取付します。

完成VOXY

あとはモニターを取付けて完成
19インチなので相当重くて大きいですが、この取付なら安心です
スポンサーサイト
リビング高松(11月28日)
リビング高松さんの11月28日号に掲載されました!!

CA3H1721.jpg
電光スカッフプレート取付
〈車種〉H12 トヨタ セルシオ(UCF30)走行20万km
〈症状〉スカッフプレート取付


スカッフプレート(電光タイプ)の取付
ドアから電源をとったのですが
一応雨漏りの危険もありますので、純正ハーネスの中をとおしました

・・・A型の仕事ですね

CA3H1417.jpg

このあと室内を這わしていきます。

CA3H1658.jpg

恰好よい
ドアを開けると光ります。
オーバーヒートの原因は・・・
〈車種〉H8 スズキ ワゴンR(CT21)走行15万km
〈症状〉オーバーヒート

水温メーターの上昇・・・
ボンネット内からボコボコ音がするとのことで持ち込みされたワゴンR
オーバーヒートの症状とのことで
ざっと点検してみるとラジエターファンが回っていません。
ちなみに簡易点検として

エアコンスイッチを入れる→エアコンは動くが電動ファンが回らない→ファン関係の故障

と推測できます。
あとは電動ファンのカプラに直接電圧をかけて動くか動かないか
動かない場合、ファンの故障です。

ふぁんこしょう

サクッと外そうとしますが、カプラが外れない・・・
これくらいの作業なら30分かからない予定なのですが
カプラだけで30分ほど苦戦

かぷらとける

何とか外したらカプラが焼けていました。
きっと壊れる寸前のモーターの抵抗がすごかったんでしょう。
車両火災の危険もありますので、ファンが壊れてある意味よかった。

はずしたあと

とりあえずファンを撤去し、新しいファンをつけます

中古ファン

安くするため、中古品で対応。

カプラ新規作成

交換後、ファンのカプラを作り直して終了。
保護のため、絶縁テープを巻きつけています。