高松にこんな自動車屋があるんだ!と香川中に発信して欲しいんです
MRワゴン エアコンフィルター交換

〈車種〉H19 スズキ MRワゴン(MF22S) 走行13.5万km
〈作業〉エアコンフィルター交換

エアコンフィルター交換作業
距離がかさんだんで一度取り替えてみました。

MF22 ダッシュ

まずはダッシュ奥のカバーを外します。

MF22 ダッシュはずし

中央の金属の補強材を外すとエアコンフィルターのカバーが外すことができます。

MF22 フィルタ汚れ

取り出したフィルター。
13万㎞走るとかなり汚れがたまっていますね。
ですがこの状態でも風量は問題ありませんでした。

MF22 新フィルタ

あとは新しいフィルターを入れるだけ。
ちなみにあれだけ汚れたフィルターなのになぜ風量が落ちなかったかというと

MF22 フィルタ バイパス窓?

フィルターカバーにこんな「窓」があるんです。
フィルター交換後、風量を「最小」にしてみると

MF22 弱風

こんな感じで空気を吸い込んでいます。
新しいフィルターの価値が半減w
まぁそれでもあれだけゴミが取れていたんで・・・
スポンサーサイト
ニュービートル チェックランプ点灯
〈車種〉H21 フォルクスワーゲン ビートル(9CAZJ)走行8.9万km
〈作業〉チェックランプ点灯

車検時、チェックランプが点灯していたビートル。
問診すると、チェックランプがついたり消えたりを繰り返していたみたいで、車検時、「たまたま」つきっぱになったそうです。

ビートル 診断結果

コードを調べるに、エアマス(エアフロメーター)が悪さをしているみたい。

ビートル エアフロ


エアフロはここ、エアクリーナーのすぐ横になります。
吸入空気量なんかを計測する部品です。

ビートル エアフロ取外し

とりあえず外して、清掃。
汚れが原因でエラーコードが出ているかもしれないので。
しっかりと清掃して、組み付け。
で、診断機でコードを消すと

ビートル メーター

チェックランプ消えました(´・ω・`)

ビートル エアフロ値

データーを見ても、ちゃんと計測しているっぽい・・・
(赤線がエンジン回転数、黄線がエアフロの数値)
排ガスもCO→0.05 HC→0.0 と、完璧でした。
陸自まで走りましたが再点灯せず。
掃除だけで治ったのか???
う~ん・・・


とりあえずそのままで大丈夫じゃないかと言ってお渡ししましたが、消化不良・・・
ビートルはエアマスの不具合が多いのですが、清掃前チェックランプがついても不具合なく乗れていたみたい(フェイルセーフ状態)なので、またついても、大丈夫とは思うのですが…



ちなみに1枚目の写真のLAUNCHのテスター、使い物になりませんでしたorz
使い方が悪かったのかどうなのか… コードが消去できない・・・

トゥーラン ワイパーゴム交換
〈車種〉H17 フォルクスワーゲン トゥーラン(1TBLP)走行6.5万km
〈作業〉ワイパーゴム交換

トゥーランのワイパーゴム交換。
まずはワイパーをメンテナンスモードに。

・キーをONまで回す
・エンジンをかけずにキーをOFFに
・ワイパースイッチを下に押し下げる

するとワイパーが窓端でとまります。

で、エンドキャップ取り外し

トゥーラン ワイパー エンドキャップはずし

プラスチックが硬化していました。
替えゴムはエンドキャップ付きでしたので、あまり気にしませんw

トゥーラン ツメ起こし

キャップをのけると中にストッパーがありますので、ツメを起こしてワイパーゴムを外します。

トゥーラン ゴム交換

で、新しいゴムをはめ込んで、ツメを元に戻します。
ツメを戻すにはゴムのほうにウエスを挟んで、プライヤーなんかで、はさむと戻ります。

トゥーラン エンドキャップ交換

で、エンドキャップをはめ込めば完成。
PIAA製のゴムを使用しましたので、エンドキャップがカーボン柄。
ちょっとしたアクセントになりますかね。
VOXY フォグ球HIDに
〈車種〉H14 トヨタ VOXY(AZR60)走行16万km
〈作業〉フォグ球をHIDに

お客様の持込みでフォグをHIDに交換したいというVOXY。
持ち込まれたHIDはH3(H3c)タイプ
VOXY純正はH3dタイプ
形は似ていますが、切欠きが違うためそのままではつきません。

voxy fog 電球比較2
voxy fog 電球比較

写真が素晴らしすぎてわかりにくいのですが、右側の「HID」の切欠きの方が小さい。
これはH3d→35w H3c→55w球で間違ってつけてしまわないために切欠きを変えているのです。35wに55wの電球をつけると、最悪車両火災の危険もあります。持ち込まれたHIDは35wのHIDでしたので大丈夫でしょう。

voxy fog HID加工

切欠きを加工してあげれば、取付け可能。

voxy fog HID加工後

これでOK。丸い切欠きも四角い切欠きもわずか1mmほどの違いです。100均の棒やすりでも十分に加工可能。

あとは配線をすればいいのですが、DIYでやる場合、ちゃんと防水対策もしましょうね。
雑な処理で、 「汗をかいている」 レンズが多いです。
ヘッドライトなんかは汗をかいて、レンズや反射板が曇ると「車検に通らない」場合があります。
お店からしてみるとこれが悩みの種。
お客様からしてみれば「ライトが点灯しているのに、どうして車検に通らないの???」ってなります。
ヘッドライトの光軸(光の向き)と光度(明るさ)は車検の必須項目ですので、曇ったレンズじゃ通らない場合があるんです。
だからってヘッドライトを替えろと簡単にいえない金額だったりするわけだし・・・

voxy fog hid 配線

タイラップで縛ってなるべく穴を小さくして、

voxy fog HID コーキング

コーキング処理。
ソケット部分にゴムが沿わないため、苦肉の策。
H3dのHIDがあればいいんでしょうけど、売ってないんですよね~