高松にこんな自動車屋があるんだ!と香川中に発信して欲しいんです
ミラココア ナビ情報更新(L675S)
〈車種〉H25 ダイハツ ミラ ココア(L675S)走行3.3万km
〈作業〉ナビ 地図情報更新

新車から買って3年目。
で、地図情報の無料更新が3年で切れるとのことで、更新をお願いされた車。

L675S ナビ更新情報

マップオンデマンドで更新。

L675S ナビ更新前
 
2年ほど更新してなかったそうですが、4044個の更新ありとのこと。
むちゃくちゃ時間がかかる・・・

まぁ3時間ほどほったらかしにしておいたら終わってました。
後はSDカードに取り込んで・・・

L675S ナビ更新後

ナビにSDカードを挿入すれば終わり。
これをするとしないとで、県外に出たときの安心度が違います。
スポンサーサイト
パッソ エンジン不調(KGC10)
〈車種〉H19 ダイハツ パッソ(KGC10)走行8.7万km
〈作業〉ISCV清掃

たまにアイドリング不調があるとのことで入庫。
試乗してみますが不具合は出ず。
最近買われた車両とあって、消耗品(オイル・プラグ・エアクリ)は綺麗・・・
気にしすぎなのかとも思ったのですが、試乗を繰り返すうち少しアイドリングが低い時があり。
これなのか・・・?

アイドリング不調の原因といえばよくあるのがISCV。
なので清掃して様子見。

パッソ KCG10 ISCV位置

パッソは黄色矢印の奥にあります。

パッソ KCG10 ISCV もの

真ん中の部品。

プラスネジ2本で止まっていますので外してみると

パッソ KCG10 ISCV 清掃前

まぁ真っ黒。予想通り。

パッソ KCG10 ISCV 清掃後

清掃。不調になるほどのカーボン付着でもなさそうんですが。
もちろんスロットルボディ側も清掃。
ちなみにISCVに関しては、キャブクリーナやブレーキクリーナーは厳禁!!!だそうです。
ですので、スロットルボディ清掃の際はISCVを外すことが大事。
外さずにクリーナ系を吹き込むと、ISCV故障の原因となるそうです。
EKワゴン タイミングベルト交換(H81W)
〈車種〉H17 三菱 EKワゴン(H81W)走行10万km
〈作業〉タイミングベルト交換

走行が10万㎞だったので、タイミングベルト交換のご依頼。

H81W EKワゴン タイベル WP外す前
H81W EKワゴン タイベル オートテンショナー外す前

まずウォータポンプのプーリーを外し、ベルト・オートテンショナーを外す。
で、クランクプーリーとタイベルカバーを外すと御開帳。
タイミングベルトが見えてきます。

H81W EKワゴン タイベル カム合いマーク
H81W EKワゴン タイベル クランク・オイルポンプ合いマーク

カムとクランク、オイルポンプを合いマークにあわして、タイミングベルト、テンショナーを外します。

H81W EKワゴン タイベル カムシール
H81W EKワゴン タイベル クランクシール

ウォーターポンプ・カム・クランク・オイルポンプのシールも交換。
ウォーターポンプとオイルポンプシール、写真撮り忘れ(;^ω^)

H81W EKワゴン タイベル リコール対策

ちなみに納得いかないリコール対策。
リコールページ
「漏れている場合はシールを交換して、プレート装着。漏れていない場合はそのままプレート装着」←???
いやそんな高い部品じゃないんだからさ、そこまでばらしたら、全車交換しろよと。
リコール対策した後で漏れだしたら、誰の責任なのよと。
まぁ三菱さんは、外れなくすることが「リコール対策」と思っているんでしょうけど。
「リコール対象車ですが、漏れがないので、交換はしません。」と言われたら、引っかかるところがあると思うんですけど。

H81W EKワゴン タイベル 仕上がり

あとは組みなおして終了。
バモスホビオ HID装着(HM3)
〈車種〉H20 ホンダ バモス ホビオ(HM3)走行23万km
〈作業〉ヘッドライト HIDに交換

バモスHID 取付前
 
HID取付を依頼されたバモス。
軽トラ・箱バン系はライトの後ろに余裕がなく、取付に困る場合があるんですが、この車もかなり狭いつくりでした。

バモスHID バラスト

バラストはこの位置で。
これより後ろに取り付けると、トップカウルより水がかかりそうなので。
ヘッドライトを取り付けるとミリ単位の隙間しかなく、かなりギリギリ。

バモスHID リレー

リレーに関してはウォッシャータンク横にチラ見せ。
メーカーロゴが入っているので、さりげないアピールポイント

バモスHID 取付後

点灯確認。ハロゲン球に比べるとかなり白い。
HIDはいいものはいいのですが、悪いものはチラついたり点かない場合があったり。
この子はいい感じ(持込品ですが)
オデッセイ 走行時の異音(RB1)
〈車種〉H16 ホンダ オデッセイ(RB1)走行12.8万km
〈症状〉走行時の異音

走行時に30~40㎞/h位で「ゴー」と異音がするというオデッセイ。
試乗してみるとハブベアリングのような音ですが、どうも様子がおかしい。
40km/hを超えると、だんだん異音が小さくなる感じ。
ハブベアリングが原因だと、車速とともに音も大きくなるものなのですが・・・
ジャッキアップして点検してみると

オデッセイ RB1 タイヤ変形

リアタイヤ2本が歪んでいました。
ちなみにこれ、2007年製のタイヤ。
走行12万㎞で9年前のタイヤ??
う~ん 中古でも履かせたんでしょうか?

ちなみにこの写真、大きくすればするほど凸凹がわからない。
サムネで見ると、何となく波打っているのがわかるのですが。

オデッセイ RB1 タイヤ変形 凸凹

ですので、外したタイヤを手で押して転がしてホコリを付けて。
写真中央部分の、白と黒に分かれているのが変形部分。
これが原因の異音。タイヤも硬化してカチカチでした。

オデッセイ RB1 タイヤ変形 アウトレット新規

作業は単純。
タイヤ交換で終了。
ちなみに2014年製のアウトレットがお安くあったため、そちらをご提供。
フロントタイヤも2014年製(アジアンタイヤでした)だったので、バランス的にはOKでしょう??
ムーブ O2センサー交換(L150S)
〈車種〉H17 ダイハツ ムーブ(L150S)走行12万km
〈症状〉チェックランプ点灯

車検を受ける際、チェックランプが点灯していたムーブ。

L150 o2センサー チェックランプ

黄色のランプ。これが点灯していると、車検には通りません。
ダイアグを調べると

L150 o2センサー ダイアグ

やっぱりいうかなんというか。
「P0135」 O2センサー 
ダイハツの弱いとこですね。

L150 o2センサー 配線チェック

壊れるところも一緒。ヒーター系統の断線。
念のため配線チェック。
万が一ハーネス内の断線も考えれるので。
やっぱりというかなんというか、O2センサー内の断線。

L150 o2センサー 交換後

サクッと交換。

L150 o2センサー ダイアグ 交換後

あとはチェックランプを消して

L150 o2センサー 動作確認

動作確認すれば終了。