高松にこんな自動車屋があるんだ!と香川中に発信して欲しいんです
ステラ コーナーセンサー取付(RN1)
〈車種〉H21 スバル ステラ(RN1) 走行7.4万km
〈作業〉コーナーセンサー取付

コーナーセンサーの取付依頼。
スバル純正品での作業でしたので、型紙付き♪

ステラ コーナーセンサー 場所決めリア

型紙で位置を決め-の

ステラ コーナーセンサー 場所決め 跡

開ける穴の印を付け-の

ステラ コーナーセンサー 埋込

取付ーの。

ステラ コーナーセンサー フロント
ステラ コーナーセンサー 埋込 フロント

フロントも同様に。
スバル純正品はシルバー1色のみ。バンパーと同色なら、もっと見栄えが良かったのかも。

ステラ コーナーセンサー メーターフード 位置決め
ステラ コーナーセンサー メーターフード 取付

メーターフードも。

型紙がありますので、特に難しくはないんですが、穴をあける行為はドキドキします。
見えないところでしたら、平気なんですけどね。

ステラ コーナーセンサー ばらし

後はばらしてからの配線処理。
バック信号を取らなくてはいけないため、助手席側の内装は全部外しました。
配線さえ見つければここまでしなくてもいいと思いますけど、一応作業説明書通りに。

ステラ コーナーセンサー 配線関係

最後にコンピュータに配線をして、

ステラ コーナーセンサー 動作確認

動作確認。
バンパーに最初の1個目の穴をあける勇気があると、あとはどうにかなります。
スポンサーサイト
トゥーラン ドアロックアクチュエーター交換(1TBLP)
〈車種〉H17 フォルクスワーゲン トゥーラン(1TBLP)走行6.7万km
〈作業〉ドアロックアクチュエーター交換

ドアロックがかかったまま開かなくなったトゥーラン。
左リアドアとかいう、開かないと送迎なんかに地味にめんどくさい場所。
この車、内側からロック解除ができないので(ロック解除の機構が無いため)、後ろに乗った人は降りるときも右リアから降りることになり、危ないですよね。

ちなみに何度かキーのボタンを押していると開くタイミングがありました。
モーターが弱っているみたいですね。

トゥーラン(1TBLP) ドアロック ばらす前

まず内装を。
ここからガラスを切り離そうとしましたが、外れない・・・

トゥーラン(1TBLP) ドアロック 分解箇所

なんか黄色矢印の中にプラスチックのピンがあり、それを外すんですが…
外れてくれない・・・・
たまにそのピンが外れてガラスが脱落する故障もよくあるみたいなんですが。
外れてほしい時に外れないのが部品なんでしょう

トゥーラン(1TBLP) ドアロック 内張はずし
トゥーラン(1TBLP) ドアロック ガラスおさえ

無理にやっていても外れないし壊す可能性もあるので、内張ごと少しずらす作戦をとってみました。
何とか作業スペースを確保できそう。

トゥーラン(1TBLP) ドアロック アウトハンドル

ドイツ人の考えることが理解できないんですが、この辺(ドアアウトハンドル)もばらして、ようやく取外し。

トゥーラン(1TBLP) ドアロック 新旧

外した部品と新規部品と2ショット
ちなみにこれ、ロック機構もアッセン交換になりますので、部品だけで3.5万オーバー
ちなみにこないだの記事のライフがモーターだけで部品設定があり6000円程度でしたので、外車は高いな~と思う瞬間です。
ハイゼット ヘッドライト修理(S321V)
〈車種〉H26 ダイハツ ハイゼット(S321V)走行1.6万km
〈症状〉ヘッドライト 取付部分の割れ

車検で入庫したハイゼット。
年式も新しく、きれいなんですが、左前のコーナー部分をこすったらしく、ヘッドライトの取付部分が割れていました。

ハイゼット(S321V)ヘッドライト 修理前

このままだとヘッドライトがぐらぐらするため光軸が定まらず、車検には通りません。
車検の時は、ヘッドライトがどこを照らしているかを調べる検査があるため、ただ「ライトが点く」だけでは車検には通らないんです。

ハイゼット(S321V)ヘッドライト 割れ1
ハイゼット(S321V)ヘッドライト 割れ2

ステーの割れだけで、レンズが割れてないため、見た目はほとんど変わりないんですけどね。
事故の影響か、光軸がかなり手前を照らしていました。
逆に遠くを照らしている状態になったりすると、対向車にパッシングされたりする場合もあります。

ハイゼット(S321V)ヘッドライト 修理後1
ハイゼット(S321V)ヘッドライト 修理後2

溶接で対応。
取付後はぐらつきもなくなり、車検もクリアしました。

こういうレンズ類の場合、「割れのない部品」にこだわらなければ、修理できる場合もあります。
カケラがあれば何とかなる場合がありますので、ぶつけた後もちゃんと拾って帰りましょうね。