高松にこんな自動車屋があるんだ!と香川中に発信して欲しいんです
アトレー タイミングベルト交換 オイル漏れ修理(S320G)
〈車種〉H18 ダイハツ アトレー(S320G) 20万km
〈作業〉タイミングベルト交換 オイル漏れ修理

車検の時にタイミングベルト交換とオイル漏れの修理を承ったアトレー
走行距離がかさんであちこちから結構なオイルが漏れていました。

アトレー S320G タイミングベルト交換

とりあえず、タイミングベルト交換。

アトレー S320G タイベル裏シール交換後

タイミングベルト裏のオイルシールを交換。
ここはにじみ程度でしたが。
カム&クランクシール・ウォーターポンプ・テンショナー・タイミングベルトと交換
10万㎞の時に一度交換済みでしたので、漏れも少なかったんでしょう。

アトレー S320G オイルクーラー パッキン

お次は一番漏れていた、オイルフィルターハウジングの漏れ。

アトレー S320G オイルクーラーパッキン 外し

ばらしてパッキンを外そうとすると、カッチカチやぞ。
弾力はなくなっていました。
パキパキ割れてエンジンから外れてくれない・・・( ノД`)
20万㎞お疲れ様。

アトレー S320G タペットカバー オイル漏れ

最後はタペットカバーのパッキン
ここはまぁそんなに手間はかからないだろうと思っていたら…

アトレー S320G タービン部分

タービンとヘッドカバーの隙間が狭くて外せない(`o´)


アトレー S320G タービン部分ボルト

タービンを外さなきゃいけないのかと思ったんですが、大変そうだったので、却下。
あっちこっち遮熱版を外して何とか緩めました。
ただこの1本緩めるのに30分くらいかかる・・・

アトレー S320G ヘッドカバー外した跡

走行のわりにきれーなエンジンo(^▽^)o

アトレー S320G ヘッドカバー 液体ガスケット

色々チェックしたんですが、この辺に液体パッキンをちゃんと塗っていなかったのも原因じゃないかと

アトレー S320G プラグ摩耗状態

ちなみに同時に交換したプラグなんですが、あんまりな状態だw
とはいえこんな状態のプラグ、結構見かけるんですよね…
スポンサーサイト
ムーブ エアコン修理(L900S)
〈車種〉H12 ダイハツ ムーブ(L900S) 12万km
〈作業〉エアコン 故障探求 修理

エアコンが効かなくなったとのことで、相談を受けたムーブ

ムーブ(L900S) エアコン修理前

とりあえずゲージをつなぐと、こんな感じ。
低圧・高圧 ともに高い・・・

エアコンと聞くとガスが少ないか、詰まっているか、コンプレッサーが壊れたか。
どれかと思うんですが、こんな指標もあんまり見たことない。
ちょっとパニックだったんですが、基本に戻って考えてみると・・・

ムーブ(L900S) 電動ファン故障

電動ファン、回っていませんでした。(//>ω<)

ムーブ(L900S) 電動ファン交換後

中古に交換♪

ムーブ(L900S) 電動ファン 交換部品

簡単に直ってよかった。 
今年はエアコンの故障が多い気がします。
ビート 後付けキーレス 作動不良修理(PP1)
〈車種〉H3 ホンダ ビート(PP1) 12万km
〈作業〉キーレス 作動不良 修理

助手席のキーレスが作動不良でうまく閉まらない時があるとのことで入庫したビート
ばらしてみると

ビート キーレス修理 PP1 作業前

黒黄色の矢印のロッドが、赤黄色の2か所に関節技を極められていますね・・・

ビート キーレス修理 PP1 作業前2

ドアロックモーターのロッド(白色部分)もケースに当たっています。
こんな感じでいろいろ抵抗になって動きが渋くなったみたいなんで・・・

ビート キーレス修理 PP1 位置調整
ビート キーレス修理 PP1 位置調整2

取り回しと取り付け位置を変えてみて、いい感じに軽くなりました。
あまり使っていない車らしいんで、モーターの消耗ではないと思います。

とりあえず、様子見!!
アルテッツァ プラグ締め忘れ(SXE10)
〈車種〉H16 トヨタ アルテッツァ(SXE10) 12.8万km
〈作業〉プラグのトルク管理

車検で預かったアルテッツァ。
エンジンルームからチチチと音がした時があった、エンジンの冷えた時かかりが悪いとのこと

ダイレクトイグニッションでもダメになったのかと思って点検開始。
プラグを点検すると

SXE10 プラグ トルク管理前

トルク管理が甘く、ガスケットがつぶれていません。

SXE10 プラグ トルク管理後

トルクをかけると、ガスケットがつぶれました。
これで正常。

SXE10 プラグ イグニッション汚れ

まぁそんな感じで締め付けで終わるかとおもいきや、3番のイグニッションに見たことのない汚れ。
プラグを外そうとすると、完全に緩んでいました。
想像するに、プラグが緩み隙間から圧縮空気が逃げていたんでしょう。
黒いのはスラッジですね。よく壊れなかったなー

SXE10 プラグ ターミナル外れ

プラグを外すと、ターミナルがない・・・
写真は他の気筒のプラグと比較です。
どこを探してもなかったのですが、溶けたんでしょうか???

SXE10 プラグ プラグホール清掃

プラグホールも汚れていたため、清掃。
余計な手間がかかる…

とりあえず、プラグ自体は摩耗していなかったため、1本だけ交換。
エンジンのかかりもいいし、調子も悪くないため、作業完了しましたが…

この車、2年前に某ディーラーにて購入(一応言っておきますがトヨタ系ではありません)
その時の記録簿にプラグ交換と記載されていました。
ディーラー作業でもこんな失敗はあるんですね。

それはさておき
きちんと締まっていない、ターミナルもないような状態のプラグで2年3万kmも走れたトヨタの技術に驚き。
ウェイク 走行中もテレビが見られるように(LA710S)
〈車種〉H29 ダイハツ ウェイク(LA710S)走行ー万km
〈作業〉テレビが走行中に見えるように、配線処理

走行中にテレビの画面が見えるようにできないかと相談されたウェイク。
ま、運転手じゃなく、同乗者が見る場合があるし・・・
そこのところは、個人の良識に任して・・・

ウェイク ナビ改造(LA710S) 分解前

分解前のナビ画面
新車なもんでドキドキしながら、パネル分解。
やっぱり最初は緊張します。

ウェイク ナビ改造(LA710S) フェイスパネルはずし

で、1分もたたずにこの状態。
あとは取付ねじ4本を緩めれば外れる、泥棒さんにうれしい簡単設計♪
ここまで簡単な車も初めて見たくらいw

ウェイク ナビ改造(LA710S) 盗難防止

さすがのダイハツさんもこれじゃまずいと思ったのか、盗難防止ネジを使っていました。
取外し用の工具もお預かりしていましたが
プロならこのネジ、こんな工具なしでもすぐ外しますよー
ですので、ウェイク乗りの方は、何かしら対策した方がいいかも。

ウェイク ナビ改造(LA710S) モニター処理2

あとはちゃちゃっと配線処理して・・・

ウェイク ナビ改造(LA710S) モニター処理

この辺の設定もすれば終了。
タント 間違って軽油を・・・(L375S)
〈車種〉H23 ダイハツ タント(L375S)走行4万km
〈作業〉軽油を給油したため、タンク内の抜き替え

間違って軽油を入れてしまったタント
エンジンがかからなくなったためレッカーで入庫・・・

L375 タント 軽油誤注入 タンク

ちなみにこの車、タンクにドレンボルトがありません。
ですので、交換するためには、タンクをおろさないといけない・・・

ただやっぱり給油直後に入庫されていますので、満タン近く入っているんです。
30リットルくらいだったかな。

L375 タント 軽油誤注入 タンク入口

給油口から伸びているホースを外してあらかた抜いていしまおうということで
ホースを外しました。

L375 タント 軽油誤注入 盗難防止?

無理やり灯油ポンプを突っ込もうとしましたが、入らない。
ま、こんなんがついているからなんですけどね。
ガソリン盗難防止用のパーツ。
よくできていますね。

L375 タント 軽油誤注入 灯油ポンプ

まぁ抜き替えて終わりかと思っていましたら

L375 タント 軽油誤注入 エンジンルーム

パイプ内に残っていた軽油が悪さを・・・
軽油は揮発性がないため、プラグがかぶりまくり。
5~6回ほどプラグ掃除すれば治りましたけど

ちなみにこんなこと、JAFでは1月で250件ほどあるそうです。